ブラックリストなら知っておきたい 用語一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー広告

・ブラックリスト

このサイトでは「信用情報機関に事故情報が登録されている事」

金融会社やカード・携帯電話(割賦購入)支払日にしっかり支払わず、延滞したり

自己破産や債務整理等の記録がある事

・自社ブラック

金融会社が独自で保存している事故情報

自己破産や債務整理をした会社では永遠に自己記録が保存されていると言われています。

ですので過去に迷惑をかけた事のある会社は自社ブラックとなっている可能性が高いです。

・クレヒス

クレジットヒストリーの略。今までローンやクレジットカードを利用してきた記録

信用情報機関に詳細に記録されていますので、延滞等ネガティブ情報は載せないように気を付けたいものです。

・喪明け

自己破産や債務整理等の事故情報はJICC・CICに5年間。全銀連(KSC)には10年間を超えない期間保存されています。

JICC、CICは5年でネガティブ情報が消えますので、カード発行やローンの審査の時にJICC、CICしか参照しない会社は通る可能性があるので

事故登録から5年経過すると、「喪明け」と言います。

・漂白ホワイト

クレジットカードやローンの取引記録が一切信用情報機関に登録されていない事を「ホワイト」

私のように5年間JICC、CICに事故情報が記録されていたが、5年経過した事により信用情報が綺麗になっている事を「漂白ホワイト」

両方ともある程度年齢がいっていると、不自然とされ怪しまれる要因に・・・

・途上与信

クレジットカード発行やローンの貸付等を行った後で、その人物に対して再度信用情報機関にて審査する事。

あまり不自然にカード申し込んだり、お金を借りすぎていると最悪カード取り上げられる事がある。

・信用情報機関

主に下記3社の事をいいます。

1.全国銀行個人信用情報センター(KSC)

2.シー・アイ・シー(CIC)

3.日本信用情報機構(JICC)

各社個人の借り入れ状況や返済状況等 詳細に記録してあります。

気がついたら随時更新していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA