携帯電話の割賦(分割)購入審査断られる原因

スポンサーリンク
ビッグバナー広告

各携帯電話会社(ソフトバンク、ドコモ、au、ウィルコム)の割賦(分割)購入審査断られる主な原因は

  1. 携帯電話代金を過去に延滞した事がある(当たり前ですね)
  2. 奨学金やローン等の返済延滞が続いている(これも金融事故になってしまいます)
  3. 過去に金融事故を起こした事がある(コチラについて詳しく説明します)

金融事故とは

  • 自己破産
  • 債務整理
  • 任意整理
  • 過払い金返還請求(条件による)
  • 延滞

自己破産免責や金融事故から5年間は携帯電話の割賦購入も基本的には出来ません。(まれにネットで割賦購入できたなんて報告もありますがマユツバものです)

実際に私はこの事を知らずにうっかり窓口で申込んでしまい

  • ソフトバンク
  • ウィルコム

両方の会社で割賦契約断られて、恥ずかしい思いをした経験があります。

何故か・・・

割賦=ローン なので、各携帯電話会社が契約する時に加入信用情報機関を照会するからです。

金融自己や自己破産の後5年間は事故情報が信用情報機関に登録されているので、割賦が否決されてしまうのです。

携帯割賦否決

なので、窓口の女の子に「携帯本体代金一括支払いなら契約する事が出来ます」なんて言われて恥ずかしい思いをします。

逆に携帯電話を割賦購入すると、加入信用情報機関に登録してくれるので、立派なクレジットヒストリーとなります(笑)

金融事故や自己破産免責後5年間が経過して、信用情報機関3社(CIC.JICC.全銀連)開示してスーパーホワイトの状態になったら、携帯電話割賦でクレジットヒストリーを構築するとクレジットカード発行の可能性がグンとあがりますにひひ

便利なのか不便なのか微妙ですけど、仕方ないのでクレヒスが簡単に作れるという事で利用しない手は無いですね。

最近金融事故を起こしていないのに、クレジットカードが作れない・・・なんて人が結構居るようです。

1つの可能性として「携帯電話料金の滞納」が考えられます。

携帯電話本体代金を一括で支払っていれば問題ないのですが、大体割賦で契約している場合が多いので、携帯電話料金を滞納すると加入信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。

クレジットカード会社が加入している信用情報機関に携帯電話会社が事故情報を登録していると、勿論マイナス要因となりクレジットカード審査通りません。

携帯電話割賦購入出来ない

携帯電話代金の支払いだから、、、なんて舐めてかかってると痛い目にあいます。

ソフトバンクの場合 加入信用情報機関に下記のように登録されます

・債務の支払を延滞した事実

対象契約期間中および契約終了後(完済していない場合は完済後)5年間登録

5年間も延滞情報が登録されてしまいます(汗)

携帯電話の料金なんて支払わないと使えなくなってしまうので、いずれ支払うのですから、延滞しないでしっかり払った方が懸命です。

携帯電話の割賦(分割)購入さえ断られると、勿論クレジットカード審査・住宅ローンや車のローン、すべて断られる可能性が・・・

そんな事にならないように、支払いはしっかり

住宅ローンや車のローンなど、全ての生活に影響してきてしまいますからガーン

参考までに各携帯電話会社が加入している信用情報機関調べてみました。

各携帯電話会社加入信用情報機関

NTTドコモ(docomo)

  • CIC

ソフトバンク(SoftBank)

  • CIC
  • JICC

ウィルコム(WILLCOM)

  • CIC
  • JICC

KDDI(au)

  • CIC

最近は、奨学金の返済が遅れると金融事故扱いになってしまうそうなので、しっかり返済したほうが良いでしょう。

奨学金の返済はかなり無理を聞いてくれるそうなので・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA