自己破産者

自己破産者の管理人が、クレジットカード作った方法を紹介します。

しっかりと手順通りやれば、ブラックリストでもクレジットカード作る事が出来るので・・・(´・ω・`)

①ブラックリスト(自己破産者)のクレジットカード作成する最低条件

            

まず最初にクレジットカードをブラックリスト(自己破産者)が作るのにあたっての必須条件を説明しながら書いていきます。

            

 

            

免責から5年経過している。

            

基本的にクレジットカード会社はカードの申し込みがあった時に信用情報機関(CIC・JICC)のどちらかに申込者を必ず照合します。銀行系は全銀連と照合します。

            

 

            

信用情報機関(CIC・JICC)は官報情報(自己破産等の自己情報)を5年間保有している為、申込者の事故情報が信用情報機関(CIC・JICC)に掲載されている人は第一段階の審査で落とされてしまいます。

            

(CICは平成21年4月1日から官報情報を保有しなくなったらしいですが・・・私の場合平成19年自己破産なので・・・)

            

参考までに、全銀連は官報情報を最長10年間保有しています。ですので銀行系の会社は10年間はまずクレジットカード発行は無理と思って間違いないで、非銀行系クレジットカード会社での発行を狙います。

            

 

            

定職についている、ちゃんとした住所、固定電話がある。

            

ちゃんと仕事をしているのは当たり前というか、同じような過ちを犯さない為にも必須ですが、クレジットカード審査の時も重要スコアリングになりますので、出来れば正社員が望ましいです。

            

収入源のない人にはお金は貸したくありませんものね。

            

住所や固定電話もクレジットカード審査時の重要スコアリングになりますので・・・住所不定や固定電話も持っていない人は信用が薄いという事でしょう。

            

会社と自宅に在宅確認しても問題ない状態、連絡が必ず取れる人間である事が重要です。

            

 

            

ここまでの最低条件をクリアしている方は「②信用情報機関(CIC・JICC・全銀連)への情報開示」へお進み下さい。

②信用情報機関(CIC・JICC・全銀連)への情報開示

            

信用情報機関(CIC・JICC・全銀連)の3社へ自分の信用情報が現在どの様になっているのか確認する為に信用情報開示を行ってください。

            

少々面倒ですが、コレを行わないと何にも始まらないので・・・

            

本来であればCIC・JICCは事故情報を5年間しか保有していないはずなので、事故から5年経過すれば自分の信用情報は真っ白(スーパーホワイト:金融機関との取引情報が一切ない状態)なはずですが

            

自己破産した時迷惑をかけた会社が「成約残し(免責された残高がそのまま登録されている状態)」をしている場合があるので、その「成約残し」がある状態だといつまで経っても自己破産者の情報を残された状態(ブラックリスト)のままなので

            

実際に私が開示した所、JICCに1社成約残しがありました・・・

            

 

            

全銀連への情報開示は必要ない様に思いますが、CIC・JICCに情報開示する時に最初にお金を借りた住所、その後引っ越した住所も正確に記入しないと、正しい自分の情報が出てこない場合があるので・・・

            

CIC・JICC・全銀連は「CRIN(事故情報のみを交流しあっている)」というシステムがありるので、3社共に開示することによって「成約残し」の漏れがない様にします。

            

 

            

信用情報開示方法

            

CIC・JICC・全銀連3社とも、郵送での開示手続きがややこしくなくシンプルで簡単です。各社のホームページに行って信用情報開示手続きのページへいって記載されてる通りに申請してください

            

・本人確認書類(印鑑登録証明書・戸籍謄本、住民票は発行日より3ヶ月以内のもの)

            

・¥1,000定額小為替証書(郵便局で1,000払えば発行して貰えます)

            

・開示申込書(各社書式が決まっていて、ホームページからダウンロード可能)

            

3社とも上記3点が必要なので、事前に用意しておいたほうが良い物はまとめて用意しておきましょう。

            

 

            

3社とも10日前後で「本人開示書面」が送られて来ますので待ちましょう。

            

 

            

3社から「本人開示書面」が届いたら

            

「成約残し」が無いかしっかりと確認しましょう。

            

「成約残し」が無く、携帯電話を運よく割賦(ローン)で契約している方はネガティブ情報(延滞情報)が無いか確認して「④クレジットカードを申し込む」へ進んでください。

            

「成約残し」が無く、スーパーホワイトの状態の人は「③携帯電話を割賦で購入する」へ進んでください。

            

 

            

「成約残し」があった方は・・・

            

その会社に電話して、「信用情報機関(CICかJICC)に成約残しがあるので、破産免責決定通知書に書かれている日付にそって信用情報を訂正して下さい」と電話してください。

            

ここで重要なのが「破産免責決定通知書に書かれている日付にそって」という所です。電話をした日にちで信用情報を修正されてしまうと、その日から5年間また情報が消えないので・・・

            

わたしが電話した成約残しの会社はあっさり「はい。修正しておきます。」と修正してくれましたが、会社によっては「破産免責決定通知書を送ってください」という会社もあるらしいので、その場合は送りましょう。

            

 

            

成約残しのあったすべての会社に連絡して、情報を修正して貰ったら1ヶ月後に面倒ですが、またCIC・JICC・全銀連3社に情報開示してください。

            

そして晴れてスーパーホワイトになったら「③携帯電話を割賦で購入する」へお進み下さい。

③携帯電話を割賦(ローン)で購入する

            

すでに携帯電話を割賦(ローン)で購入している人は「スーパーホワイト」ではないので「④クレジットカードを申し込む」へお進み下さい。

            

(携帯電話割賦料金を過去1年間以内延滞していないのが条件です。携帯電話割賦料金を延滞するとそのメーカーが信用情報機関(CIC・JICC)にネガティブ情報を記載してしまうので注意が必要です)

            

 

            

なぜ?わざわざ携帯電話を割賦(ローン)で購入するのか??私も実際そうでしたが、自己破産後 携帯電話を機種変更しようと思った時「お客様は現金一括でのみ機種変更可能です」と言われた経験がある方もいると思います。

            

そう今携帯電話会社、docomo・au・softbank・willcomは携帯電話を割賦(ローン)で購入する時に信用情報機関と照合します、ですのでネガティブ情報(ブラックリスト)が載っていると割賦(ローン)で購入する事が出来ません(出来る方もいるらしいですが、私は無理でした。

            

 

            

スーパーホワイト(クレジットヒストリー無し)の人がいきなりクレジットカードを申し込むと怪しまれて審査で落ちてしまう事があります。ですので一番審査が通りやすい携帯割賦でクレジットヒストリーを最低6ヶ月以上を構築して

            

スーパーホワイト(クレジットヒストリー無し)では無い状態にしてから、クレジットカードを申し込んだ方が格段にクレジットカード成約の可能性が上がります。

            

 

            

逆に携帯電話の割賦さえ通らない人がクレジットカードを作るのはまず不可能なので、予行演習のつもりでやりましょう、上記の条件をすべてクリアしていればまず落ちることはありませんから。安心して申し込みましょう。

            

無事に携帯電話割賦の審査クリアして、携帯電話を手に入れたら最低でも6ヶ月しっかり支払いをしましょう(当たり前ですが・・・)

            

無事に6ヶ月支払いが終わったら いよいよ 「④クレジットカードを申し込む」へ進んで下さい。

④クレジットカードを申し込む

            

いよいよクレジットカードを申し込む段階まで来ましたが、ここでも必須確認事項があります。しっかり確認してください。

            

クレジットカードを申し込む前に確認する事

            

・自己破産した時に迷惑をかけた会社を書き出しましょう。

            

・書き出した会社が社名変更したり、吸収合併したりしていないか確認して現在の会社名を確認しましょう。

            

 

            

携帯電話割賦のクレジットヒストリーしかない人が、過去に迷惑をかけた会社のクレジットカードを申し込んでも99パーセント審査が通らない為

            

過去に迷惑をかけていない会社で、尚且つクレジットヒストリーが弱い人にクレジットカードを発行してくれる会社を狙って申し込みをしていきます。

            

 

            

私が調べた所「ニッセンGEクレジット」「楽天カード」「ファミマTカード」「コスモ・ザ・カード・ハウス」ですかね

            

私の場合「ニッセンGEクレジット」に申し込みました。

            

理由は、まず迷惑を掛けていなかった会社だったのと、ニッセンで買い物ついでに申し込めば不自然では無いと思ったからです。

            

 

            

私が「ニッセンGEクレジット」にクレジットカードを申し込んだやり方を記載していきます。

            

「ニッセンの通販のページ」から分割払いOKの商品を探して購入手続きをします。(ニッセンの会員で無い方はまず会員登録(無料)してくださいね)

            

私の場合3回払いの商品でしたが、購入手続きにそって記入していくと自然と「ニッセンGEクレジット」に申し込んでいく形になります。(これが不自然にクレジットカードを申し込んでる感じが無くて良いです)

            

しっかりと記入(会社。住所・電話番号等)していきます。ここで重要なのが「希望キャッシング枠」の所。勿論審査を無事通過するために0円で申し込みます。同じように「リボ払い」も申し込まない様にしてください(後で変更可能なので)。

            

クレジットカードが欲しいのではなく、商品を分割で買いたいだけという印象を与える事が重要です。

            

 

            

無事に申し込みが済むと審査に通れば、電話連絡(在宅確認 私は携帯電話にかかって来ました)の前に「ニッセンGEクレジット」のホームページにログイン出来るようになります。

            

申し込んだ時の「メールアドレス」「暗証番号」は忘れないようにメモしておきましょう。ホームページログインIDになりますから。

            

電話連絡後1通の葉書が届きその2週間後位に見事「JCB」クレジット機能付きのクレジットカードが届きます。

            

私の場合「キャッシング枠0円」「クレジット枠10万円」で届きました。

            

 

            

平成28年(2016年) 『ENEOSカード』も入会審査通り易いという情報がはいって来ました。ガソリンをいつもENEOSで入れるなら持っていた方が徳ですし、入会申込も「ガソリンを入れるために便利だから」という理由で不自然さもありません。近くにエネオスがある方は狙い目かもしれませんね。

スポンサーリンク

管理人が現在保有しているクレジットカード 一覧

            

将来の為に大事に大事に優良クレヒス作りに励んでおります。

・マジカルクラブTカードJCB

マジカルクラブTカードJCB

喪明け最初の1枚です(笑)2013年6月取得。2014年4月無事切り替え完了。

            

ショッピング30万円 キャシング0円

・詳細を確認する

・セゾン パールアメリカンエキスプレス

セゾン パールアメリカンエキスプレス

2014年4月取得。セゾンブルーアメリカンエキスプレスと間違えて申し込み発行に至る。

            

ショッピング80万キャシング10万円

・詳細を確認する

・オリコカードiB(iD×QUICPay)

オリコカードiB(iD×QUICPay)

2014年4月取得。念願の海外旅行保険付きVISAカードを温情発行にてゲット!!

            

ショッピング10万 キャシング0円

・詳細を確認する

・REX CARD(レックスカード)

REX CARD(レックスカード)

2015年2月取得。日々の決済で1番ポイントが貯まるので申込み。多分温情発行。

            

ショッピング40万 キャシング0円

・詳細を確認する

スポンサーリンク